生命保険の入院に関する特約についてご紹介

生命保険の入院時に関することをまとめてみました。 - 入院に関する特約の種類について

入院に関する特約の種類について

生命保険と言えば万一の保障の確保と言うイメージを持っている方も多いですが、その万一の時に役立つのが特約です。
特約には様々な種類があり、その中でも、ケガや病気をした時に役立つ医療保障部分を手厚くする特約と言うものが存在します。
医療保障部分を手厚くサポートする特約にはどのようなものがあるのでしょうか。

災害入院特約

災害によるケガで入院した時に支払われる給付金の事である。
通常はケガに対する保障として生命保険に付加されている事がほとんどである。

疾病入院特約

病気で入院した時に支払われる給付金の事である。
通常の生命保険に付加されており、災害入院特約と併せて標準的に生命保険に付加されている事が多いと言える。

手術特約

手術した時に所定の給付金が支払われる特約で、定額と倍率のあるものの2種類がある事が特徴的である。

通院特約

病気やケガで入院した場合に限り、退院後の通院に限り、給付金が支払われるものである。
例えば、骨折をして入院した後に通院した場合等は適用となり、日額あたり3000円程度が多いと言われている。

先進医療特約

uyujiyf
先進医療による治療を受けた時に給付金が支払われるものである。
高度先進医療特約と言われる事もあるのだ。

生活習慣病入院特約

保険会社が定める生活習慣病で入院した時に、通常の入院日額に上乗せされる特約である。
大抵の場合5000円程度である事が多いと言える。

女性疾病入院特約

女性特有の病気で入院した時に通常の入院日額に上乗せされる特約である。
3000円程度から5000円程度である事が多いと言われている。

特定損傷特約

骨折、関節脱臼、腱の断裂等の特定損傷をした時に支払われる特約である。
入院しなくても支払われる事があるので、要チェックである。
生命保険と言うと一定額の死亡保障があって、期間もある程度決まっていると言うイメージが強いかと思いますが、違うタイプの生命保険もある事をご存知でしょうか。色々なプランを調べたい時は貴方にベストな生命保険のランキングで調べると良いでしょう。
定期保険の中でも逓減定期保険(ていげんていきほけん)と言うものがありますが、この逓減定期保険と言うのはどのようなものなのでしょうか。

逓減定期保険とは

逓減定期保険は契約時が1番保障が高く、保健機関が経過すると共に、徐々に保障額が下がっていくと言うタイプの定期保険である。
逓減定期保険の満期を迎えると、保障は終了し、返戻金等は発生しない事になる。
各種定期保険の中でも掛け捨てに近いタイプだと言えるだろう。

逓減定期保険が向いている人とは

主にファミリー向けの保険商品だと言える。
一家の大黒柱的存在の人が加入するには適していると言える。
例えば、子供が生まれたばかりであるタイミングで、逓減定期保険に加入し、子供の成長と共に保障額が下がっていく事になる。
収入保障保険と併せて必要保障額の変化に対応した保険であると言えるだろう。
ただし、収入保障保険と違うところは、年々保障額が減っていくと言う点であり、その点を正しく理解していないと老後の保障が無いと言う事にもなりかねない。

逓減定期保険のまとめ

逓減定期保険は契約時が1番保障が高く、年々保障額が減っていくと言うタイプの定期保険である。
ライフスタイルの変化に応じて保障額が変化する事を正しく理解していれば、必要以上の保険料を支払わずに済むと言うメリットがあるが、最終的には保障が無くなってしまう事を事前に頭に入れておかなくてはならない保険だ。
定期保険の中でも加入するタイミングを正しく見極める必要がある事も忘れてはならないだろう。

Copyright(C)2015 生命保険の入院に関する特約についてご紹介 All Rights Reserved.